出張封印制度の概要

普通車(小型車)には後方のナンバープレートに封印がされていると思います。これは正しく自動車登録手続きを経たことを証明するためのものであり、車検証に記載されている自動車の所有者、本拠の位置、登録番号などの車両情報を国が管理するために必要な制度です。名義変更や住所変更でナンバーが変わったとき封印を付け直す必要がありますが、この封印は有資格者のみが取付けることができます。通常であれば、平日に運輸支局へお車を持込んで変更登録手続きを行い場内で封印してもらうわけですが、この出張封印の制度を使えば、土日や夜間などお客様のご都合の良い時間に、ご自宅や会社の駐車場などお客様のお好きな場所で、お車を動かすことなく封印取付(ナンバー交換)ができます。とても便利な制度ですのでぜひご検討下さい。