自動車(普通車)の名義変更手続きについて説明します。通常売買や譲渡などで自動車を移転するときに、売買契約書などの書面を作成すると思います。この時点で法律的には、自動車の所有権自体は新所有者に移転します。しかし、必要な登録手続きを済ませなければ、問題なく公道を走ることはできません。

そこで名義変更と呼んでいる一連の手続きを要します。一般の方には具体的に何をすれば変更手続きをしたことになるのか、何から手をつければいいか、他にやっておくべきことはなかったか、いろいろ疑問が浮かんでくると思います。具体的には名義変更と言っても、やっておくべき手続きは複数あります。

移転に伴う名義変更において様々な手続きが必要であることを示すイメージ図

このように移転に伴って発生する手続きはたくさんあります。一般の方でもご自身で変更手続きをすることはできるとは思いますが、時間と手間がかなりかかります。特に買主さんは何よりも先に購入した自動車に問題がないか確認すべきですし、代金の支払い義務を履行しなければならないです。印鑑証明書や車庫証明書など有効期間がある書類もありますので、一から調べてご自身でやっていると時間がなくなっていきます。なにかと手間がかかるこれらの名義変更手続きは、自動車手続きを専門とする行政書士に任せてしまってください。