近年、ネットで自動車の売買が頻繁に行われるようになりました。ところが一般のお客様をはじめとして所有権を移転する手続きをすべてご自身で行うには大変な労力を要します。

特に普通車の手続きは、実印が必要になる場合があり、その際には印鑑証明書が必要であったり、更には車庫証明が必要になることがあり、何かしらの手続きをするにも書類が多めです。

当事務所は、一般のお客様、法人のお客様、全国ディーラー様など自動車に関わる方々から様々なご相談を受け、売買や相続に伴う自動車手続きがスムーズに進むようにサポートし、手続きについて代行いたします。

1.手続きの種類

以下の様々なケースにおいて、必要となる手続きをご案内します。それぞれの専用ページで手続きについてご案内します。

名義変更(移転登録)

  • 個人売買したので、名義変更したい
  • 知人から車を譲って貰うことになった
  • 本社で使っていた車を支店で使うことになった
  • 社長が使っていた車を会社に名義変更して使うことになった
  • 相続に伴う、車検証の名義変更が必要だ
  • ローンを払い終わったので、ローン会社の所有権を外したい

番号変更

  • 今のナンバーを希望ナンバーに変えたい
  • ご当地ナンバーに変えたい
  • オリンピックプレートに変えたい

変更登録(住所変更、氏名変更)

  • 引越しにより、車検証の所有者の住所が変更になった
  • 引越しにより、車検証の使用者の住所が変更になった
  • 都合により、氏名が変わりました

2.登録/変更手続きの必要性

上記の手続き例によれば、少しの変更でも変更手続きが要ることに気付かれたかと思います。しかし、なぜそのような制度になっているのでしょうか?2つの側面があるのでご紹介します。

1)民事登録的側面
所有権を公証し、第三者対抗要件を与えることにより、ユーザーの所有権を保護します
2)行政登録的側面
ナンバープレートを交付し、自動車の識別を可能にすると同時に、保有実態を把握します

つまり、本来動産である自動車に不動産的な対抗要件を与え、私人の所有権の保護をすると同時に、ナンバープレートを交付して、地域の行政機関が自動車の識別、保有実態の把握する、そして納税の管理が出来るように国が統一した登録制度を用意しているわけです。このため、1枚の車検証の登録内容が変われば多方面に影響することになるので、少しのことでも変更手続きが必要になってきます。