→申請用紙ダウンロード(普通車)

→申請用紙ダウンロード(軽自動車)

→申請書をオンライン入力する

保管場所証明申請書の書き方ガイド

①車名
メーカ名を書きます
○ トヨタ、ニッサン、ホンダ
× ハリヤー、マーチ

②型式
車検証または完成検査証に記載されている「ローマ字+数字」の車型型式を書きます。原動機の型式ではありません。

③車台番号
自動車に設定されている唯一の番号です。
車検証または完成検査証に記載されている、番号を書きます。数字の0は、斜線の入った0を書きましょう。
車検証がないときは、エンジンルーム内の金属製コーションプレートにも刻印されています。

④自動車の大きさ
車検証に記載されている大きさをそのまま書きます。単位はセンチメートルで、小数点以下は切り捨てです。

⑤自動車の使用の本拠の位置
車庫証明は、使用者が申請しますので、自動車を使用する使用者の住所を書きます。所有者の住所は書きません。
自動車の使用者は、たいていの場合は住民票に記載のある住所になります。マンションなど集合住宅にお住まいの場合は部屋番号まで書きます。住民票の記載のとおりであれば問題ないですが、お手元になければ、マイナンバーカード、健康保険証などであれば正しい住所が記載されていると思いますので確認して入力してください。免許証の住所は、必ずしも正しいとは断言できませんので参考にしない方がいいです。

住所の丁目、番地の表記を「-」ハイフンを使って省略した書き方でも受付してくれます。陸運局では印鑑証明書などの他の書類との整合性も確認しますが住所に同一性が認められればOKという扱いになっています。ただし、部屋番号や分筆された土地まで「-」で続けてしまうと、よろしくないと思われますので、住所は正しい表記で書くことをお勧めします。

添付書類が1つ増えます (所在証明)

例外的な事例もあります。⑤「使用の本拠の位置」と⑦「申請者の住所」が2km以上離れているときは原則、車庫証明は受け付けてもらえません。しかし、例えば申請者の住民票の住所が熊本県であって、仕事で福岡県に単身赴任しているような場合に福岡県で車庫証明を申請することができます。このときは、福岡県にて住む予定の居所の住所を⑤「使用の本拠の位置」として書きます。こういうケースでは、⑦申請者の住所地(熊本県)は住民票の住所がそれを証明しますが、福岡県の⑤「使用の本拠の位置」住所を疎明するものが必要となり公共料金の住所が入った請求書などの写しの提示を求められます。添付書面(所在証明という)が1つ増えますので、このようなケースでは準備しておく必要があります。

⑥自動車の保管場所の位置
自動車の駐車場(保管場所)の住所を書きます。ですからマンションの号室などは書きません。駐車場に名称があれば記載すると親切です。アパート、マンションの敷地内駐車場や月極駐車場などを保管場所として申請する場合は、駐車する位置に番号が付されていれば、それも記載します。
⑤本拠の位置と全く同じ住所であれば、「同上」はOK、「〃」はNGです。マンション号室を⑤に記入しているときは、全く同じでははずですので「同上」は記入できません。

・保管場所標章番号
基本的にここは空欄でよいです。ここを書いておくと所在図の作成を省略できるのですが、配置図は省略できませんので記入してもそれほどメリットがないです。。

・警察署の名称
保管場所を管轄する警察署の名称をかきます。弊所へ依頼される場合は無記入で構いません。

⑦申請者の住所氏名
申請者の住所を記載します。申請者=使用者ですので、使用者の住民票、または印鑑証明書の住所をか書けば間違いありません。

日付は、警察署に提出する日です(2、3日前ならOKです)。弊所へ依頼される場合は無記入で構いません。押印は不要となっていますが、認印を押している方がまだまだ多いです。念のためですが、車庫証明の取得に印鑑証明書は不要です。

法人が申請者の場合、会社の社印、および代表者の押印が必要です。

⑧所有形態
保管場所の所有形態に応じて、○で囲みます。この記載によって、「3.使用権限を証する書面」が自認書か、承諾書となるかが違ってきます。

⑨登録番号
申請場所について車庫に重複がないことを示すため、現在とめてある自動車の登録番号を書きます。

⑩窓口に来られた方の連絡先
申請について尋ねられることを想定して、日中つながる電話番号を記載します。自宅電話番号、携帯電話番号、スマホ番号いずれでもOKです。当事務所に依頼される場合は、記載しないでOKです。

・県の収入証紙の貼り付けについて
申請書の受付窓口の近くに、証紙販売窓口がありますので、購入し貼付けます。たいていの市区役所では会計課などで購入できますので、あらかじめ買っておいてもいいです。間違って郵便局やコンビニで売っている国の収入印紙を貼らないように気を付けましょう。

なお、福岡県のローカルルールですが証紙は申請書に直接貼るのでなく、専用の納付書に貼り付けます。この納付書にも納税義務者の住所氏名の記入が必要です。ご依頼の際に、証紙を同封される方は、申請書に直接貼ることなく証紙を別にして送付して下さい。